スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

「機動警察パトレイバー REBOOT」を見てきた

最近、どうにも映画館離れしていて、話題作も見に行けない有様だったんですが、これだけは!これだけは見に行かなければ!
ということで、「機動警察パトレイバー REBOOT」を含む短編オムニバス「日本アニメ(ーター)見本市」を見てきました。



ハンドルネームの元にもなっている「機動警察パトレイバー」の新作という位置づけですが、短編作品なので、どちらかと言うと「ファンムービー」的な印象が強い感じがします。
でも、作品の色が少し違う…だけどこれはパトレイバーだ!というところをしっかりと描き切っていると感じました。

イングラムの動きも、特車二課のメンバーのやりとりも、パトレイバーらしいレイバー同士の戦いと、そこにある「日常」…しかも現在に即した日常が取り込まれているのが、ファンとしてはとてもありがたかったです。
Twitter動画やニコニコとかがパトの日常に組み込まれてるのは、なんだか「近未来」より「現在」に近い印象になりましたが、それでもパトレイバーなんだよな、と思ったのでした。

監督をされた吉浦監督も、「イヴの時間」がとても好みだったので、私好みの出来になった要因の一つなのかなぁ。
もうこれでREBOOTシリーズ作ればいいじゃない!と思わされるほど。

劇場で作品を見る前に、劇場先行Blu-rayを勢いで買ったんですが、やっぱ正解だったなぁと思いました。
でもBlu-rayに収録されていた吉浦監督と出渕裕さん、伊藤和典さんの対談映像を見てると、ちゃんと抑えるところは主要スタッフが抑えてくれていたおかげなのかもしれないなぁ、と。

よくもまぁ、短編にここまで色々気合い入れたものだと…。
昔パトレイバーの魅力を感じた人なら、何かしらの形で見てほしいと思う作品になってます。ぜひ!


-----------

ここからは蛇足。

「日本アニメ(ーター)見本市」の作品群って、公開期間が限定されてるのが多いので、なかなかいっぺんに見る機会がないので、掘り出し物的にお気に入りになる作品が合ったりするのかもしれないです。

…いや、パト目当てで言ったら、総上映時間の8割ぐらいが別作品だから、「まだか、まだか!」ってぐらい焦らされるわけですが。
だってEMOTIONのモアイが出た瞬間に笑いが出たもの!「真打ちきた!」って誰か言ったもの!(笑)

そんな作品群の中でちょっとおもしろかったのが「おばけちゃん」…
最近の投稿

ドラゴンクエストビルダーズ 体験版で遊ぶ

最近はDQXも遊んでないし、DQ11も胴なんだろうと思いつつも、考えてみたら遊んでないナンバリングがあるFFよりも、DQはいろいろ遊んでいる気がします。

そんなわけで、PS4で体験版が配信された「ドラゴンクエストビルダーズ」の体験版を少し遊びました。


色々面白いんだけど、時間がどんどん奪われていく系ですねこれ。
よく「マインクラフトのパクリ」とか言われてますが、ドラクエナイズされると遊びやすくて親しみやすくなったような、そんな気がしています。

体験版でもそれなりに色々作れるみたいだし、もしかしたら買っちゃうかも。

メインブログ移設のためにやったことメモ(もろもろのWP関連のサービス比較も)

以前だったら、サーバーを使って色々実験したいということもあったんで、VPSがちょうど良かったんです。
なので、さくらのVPSを借りてWordpress設置して運用してたんですが、最近、実験してる暇もあんまりなくなってきたので、VPSにかけてる費用がもったいないなー、ってのと、VPSだとどうしてもメモリ・CPU関連が貧弱でApacheだと動かない。
nginxも試してみようと思ったけど敷居が高いし自動インストールもないので、運用中のやつを実験するとリスクが高い…。

そんなわけで、サーバーを移設する方向でいろいろ検討してました。そのあたりの流れをざっくりとメモっておきます。

最初は、完全無料にするつもりもなかったので、予算を月1000円くらいと想定していろいろと仮契約して動くかどうか実験してました。
最初、同じくらいのスペックでさくらの半分くらいの値段になるServersMan@VPS Entry プラン(DTI)を契約して仮設置。無料期間もあったので、とりあえずWordpress環境は動いたので、「コレなら大丈夫かー」と数週間様子を見てたんだけど、負荷にとても弱く、ダウンすることもしばしば。
しょうがないので他の手段を模索し始めました。これがまた時間かかったんだ…。
特に、ドメインをMyDNSのサブドメインにしてたのがネックになりました。


Bloggerに移設

はてなダイアリー~はてなブログにのせていて、ごくごくたまーに書いていた小ネタブログ(というより過去の記録)を移設してきました。

このブログについてはあんま宣伝するつもりもないし、それほど人が来るわけでもないと思われるけど、とりあえず置いてあるという感じです。

現在のメインはFF14のブログ「めがねや!」。
そっちはそれなりに更新してますが、移設時に変えたタイトルの通り、個人的メモ書きをメインにしようかと。

っつか、さくらVPSがどうにも調子悪い気がしたんでServersman使ってみたのにそっちだとさらに調子悪いとかどうしてくれよう状態。
いっそクラウド系サービスに移行しようかと悩み中です。あんま無駄な支出はしたくないのよねぇ…。

という書き込みテストでした。

史上最強の弟子ケンイチの終了によせて

とうとう12年にわたる連載を続けてきた「史上最強の弟子ケンイチ」が最終回を迎えました。
まぁ、やるべきことは一通りやったから終了なのかなー? 実のところOVAがTVアニメとして放送されると知ったあたりから、「あ、そろそろなのかな?」と思っては異端ですが。
コミックスは11月まで連続刊行だそうで、年内にはケンイチ関連は終息、おそらく早々に次の連載が始まるんだろうな、という印象です。




史上最強の弟子 ケンイチ 58 (少年サンデーコミックス)

作者:松江名俊
出版社/メーカー:小学館
発売日: 2014/09/18
メディア: コミック
この商品を含むブログ (2件) を見る





 もともと、月刊連載の時から追っかけていた作品なので、12年度頃では済まないんですが、ケンイチの単行本は初版限定カバー裏イラストとかがあるので、最終刊まで買いそろえる予定です。
今はもうほんとに忙しいので本編を追うことぐらいしか出来ないですが、昔は松江名先生のサイン会に行ったりとか、コミケに出てた「技でぱ」サークルに行ったりと、追っかけていた身としては寂しいかなーと思ったりします。
昔からサンデーだけはずっと買い続けていて、昔作ってたHPで感想を毎週頑張って書いてたときに連雷していた作家さんたちも次々と別の雑誌に行く中、サインをもらったことのあるサンデー作家の中で一番最後に残っていたのが松江名先生っだったんですよね。
そう考えるとほんとに感慨深い。
ケンイチのエピソードの中ではDオブDが一番好きだったりします。そこまでアニメ化されりゃ良かったのになぁ・・・。

で、一通り追っかけてた作品がなくなったからサンデーはもう買わないかというとそんなこともなくて、いくつか新連載でお気に入りがあるので、まだまだサンデーは買い続けると思います。

今月買ったリプレイはPCが○○過ぎ

あいかわらず忙しすぎてTRPGなんてやってる暇はないのに、リプレイだけは何かしら買ってるようなそんな日常。
今月買ったのはこの2冊。



アリアンロッド2E・リプレイ・オーバーキル ピアニィの不思議なオルゴール (富士見ドラゴンブック)

作者: 大竹みゆ/F.E.A.R.,菊池たけし,冬城あおい
出版社/メーカー: KADOKAWA/富士見書房
発売日: 2014/01/18
メディア: 文庫
この商品を含むブログ (2件) を見る









ソード・ワールド2.0リプレイ 七剣刃クロニクル(4) (富士見ドラゴンブック)

作者: グループSNE,秋田みやび,戸部淑
出版社/メーカー: KADOKAWA/富士見書房
発売日: 2014/01/18
メディア: 文庫
この商品を含むブログ (1件) を見る






アリアンロッド・リプレイ・オーバーキルは、ついに完結した「アリアンロッド・リプレイ・サガ」のメインPCを担当していた大竹みゆさんが初のリプレイ執筆に挑戦したもの。
(そういや同人でも活動してるけど全然買いにいけていない・・・コミケ期間中も仕事してるしなぁ)
ガチなゲーマーっぷりから「殺意様」とまで呼ばれた大竹GMの用意したダンジョンとは・・・。

七剣刃クロニクルは、ソード・ワールドリプレイ界の売れっ子・秋田みやびさんによるシリーズ第4巻です。
(以下ネタバレあり)

んで、この2冊。
オーバーキルが1話目のダンジョンで3人戦闘不能になるわ、クロニクルでは2人同時に生死判定で1ゾロ降って死ぬというすさまじいPCの死にまくりっぷり。
むしろオーバーキルは全滅してやり直し、とかいう展開もあり得るかなぁと思っていたくらいなので許容範囲ですが(ぉぃ)。 大竹さんの独特の文面が、今までのアリアンのリプレイにない感じで新鮮さを感じたりしました。
クロニクルの方はまぁ、もう・・・プレイヤーがクレバーなのか考えなしなのか(笑)、GMの想定方向とは違う方に思いっきり向かっていったりとか、あいかわらずのPCの掛け合いっぷりが楽しかったり。
一度に2人死亡というのはSWリプレイ史上初かしら・・・でも、2.0は死者復活の敷居が低くなっているので、まだましなんだろうか・・・。
(ここで「8万ガメルの男」とかすぐに思い浮かんだ人は玄人です。・・・なんの?)